thought

COUSANの思い

郷土ってなんだろう?

40年前、COUSANが、
たどりついた郷土の原点は、

緑と水に人々。

豪華な街並みでなくとも、災害に負けず、
人間らしく、楽しく暮らせる郷土であればいい。

人は自然の中にいる

ものですから。

COUSANが美しき郷土にこだわるのは、
自然体で心豊かにくらせるから。
傷んだり、手間がかかったりしても、
時の流れとともに、愛着がわく。

指先ひとつで、暮らしを豊かにする文明。
それもいいけど、

手間を楽しむ感性

があれば、そこに文明が発展するはず。

機動性や効率といった文明が
進化すればするほど、
美しさこそ豊かさという文化を大切に、

人間らしくバランスを

とることが大切です。

COUSANでは、
天然素材の山砂や川砂、再生資源の基礎材、
自然の豊かさと、循環型社会の現代を大切にしながら
郷土づくりをしています。
このメンテナンスフリーの時代、
手をかけることを楽しめるのも、
COUSANの美しく豊かな郷土づくりです。

COUSANの郷土づくりで豊かな暮らしが生まれ、
そこで育った子供たちが大人になり、
その美しく豊かなこころが次の世代に受け継がれ、

ひとつの
文化になっていく。

こころ豊かに、
暮らしを心地よく楽しむことが、
ごく普通のことになったら、
きっといい世の中になると、
COUSANは信じています。

手間を楽しむ感性

があれば、そこに文明が発展するはず。