business

業務内容

再生砕石

再生砕石に使用する原料は、公共工事の取壊工事や一般住宅の解体、事業所の解体、その他コンクリート構造物等の解体現場から発生したコンクリート殻・アスファルト殻です。
以前は再生品ではなく産業廃棄物として処分されていましたが、現在は循環型社会に対応しリサイクル品として再生すべく、本社隣接の自社再生プラントにて常時生産されています。
再生プラントではコンクリート殻,アルファルト殻ともに40㎜以下のサイズに破砕処理され、鉄筋コンクリート廃材中の鉄くずやその他の異物を丁寧に取り除き再生砕石(RC-40,ARC-40)として生まれ変わります。

この再生砕石は、循環型社会形成の観点からリサイクル品として、道路の路盤材,建築物などの基礎材,駐車場の造成,一般住宅のエクステリア工事など様々な用途に有効活用されています。
貴重な資源を単純に処分してしまうのではなく再利用する、この再生砕石(RC-40,ARC-40)は現代社会において大変地球にやさしく環境を考えた商品です。

再生砕石 (RC-40)

工事現場等で搬出されたコンクリート殻(無筋・有筋・二次製品等)を原料とし生産された再生材

主要用途
道路の下層路盤材、構造物の基礎砕石、駐車場の敷砂利、仮設道路の路盤、他 様々な場所に使用される。

再生砕石 (ARC-40)

工事現場で搬出されたアスファルト殻・コンクリート殻を破砕し、ある一定の割合で混合した再生材

主要用途
道路の上層路盤材、駐車場の路盤、通路の路盤、他 様々な場所に使用される。