business

業務内容

建築基礎土工事

建築基礎工事とは、構造物を支持しこれを安定せしめる為の基礎の建設工事です。
建築物の土台となる部分で、コンクリートと鉄筋を使用し強固で安定した基礎を作ります。

基礎(土工)工事

この部分での役割として、重機等による掘削作業を行うと共に、各現場ごとにさまざまに変化する土質や水位等を考慮し、上部構造の負荷に充分耐えうる基礎を作ります。
ここでの工事は、全体工事の序盤にあたるため、その後の各種工事に影響を及ぼさぬよう各業者の動線を考慮し、作業を円滑に進めることに重点をおいています。

1.掘削工事

遣り方・丁張りによって建物の位置・高さ確認し定めたら、レベル器等で高さを確認しながら、基礎底面を重機・人力により掘削作業を行います。

2.砕石地業

掘削工事によって所定の高さまで地盤を掘り下げたら、地盤を締め固めるために砕石を基礎底面に敷き詰めて十分転圧します。
基礎底面は確実に平滑に施工します。

3.捨てコンクリート工事

基礎外周部については、基礎砕石を十分締固め後 基礎の中心をマークしたり、コンクリート型枠の位置を出す為にコンクリートを捨て打ちします。
作業時、コンクリートの厚さを確認しながら捨てコンクリート表面を平滑に仕上げます。

4.鉄筋工事

鉄筋コンクリート基礎では、地中梁・基礎スラブ・立ち上がりの鉄筋を組みます。
鉄筋は10・13mm~ 建築物の規模により設計通りに正確に組み立てます。
打設前には、配筋検査を行い、鉄筋のピッチ・かぶり厚等を確認します。

5.型枠工事

型枠は垂直に組みあがるよう慎重に組み立てる。
型枠が組みあがったら、鉄筋とのかぶりを確認する。
型枠内にはゴミ,その他異物が落ちていないよう必ず確認する。

6.基礎コンクリート打設工事

構造設計書に基づいた配合で適正に打設作業を行う。
締め固め作業は丁寧に隅々まで行う。
打設後は急激に固まらないように散水し、決められた養生期間をとります。

7.埋戻し工事

基礎コンクリートに損傷を与えないよう十分注意する。
埋戻す前に主な設備等の配管が設置されているか確認し、規定の高さまで締め固めを十分に行いながら丁寧に土を埋め戻します。

8.基礎スラブ・立上がりコンクリート打設工事

基礎コンクリート打設と同様に丁寧に打設する。