business

業務内容

地盤改良工事

地盤改良工事とは、宅地・工業用地等造成地や道路新設・改築時の地盤支持力不足の改善を行ったり地中の地山補強・空隙間詰を行い、崩壊・陥没を防ぐ目的で行う工事です。

バケットミキシング工法

  • 現場での原位置土と固化材(粉体・流体を問わず)を混合攪拌し、均一な良質土に改良する工法です。
  • 狭い場所や、掘削併用混合攪拌(深さ2mまで)に適しています。
  • 条件により固化材(粉体・流体)を選択すれば、粉塵等の防止ができるので近隣に迷惑をかける事なく施工が可能です。

1.表土鋤取り

基礎の根入れ分の表土を鋤取ります。

2.固化材の投入

固化材を配合量に合わせて投入します。

3.混合・混合確認

土砂とむらなく混合し敷き均します。

地表面に散布された改良材と地盤土を回転翼を固定した状態で掘削する。
バケットに地盤土が満杯になった時点で回転翼を回転しながら引上げ、バケット背面のスリットより混合土を排出する。
バケット内に残った混合土を排出する。

4.転圧

重機で締め固めた後ローラー転圧で充分締め固めます。