保内小学校の子供体験見学会を行いました。

三条市道の駅 庭園の郷保内の造成工事では、2ヶ年に及ぶ長期継続工事のため、地域住民の方々からのご理解とご協力が不可欠でした。

近くをとおる近隣の人々からは常に注目され、工事内容についてのことを絶えず質問されました。

そこで 完成オープン後には三条が誇る全国有数の植木の里で多くの緑と花々を主役とした道の駅としてお目見えするため、特に地域の人々や未来ある子供たちにも親しんでもらえることを目的で、地元の保内小学校の子供たちを休日で現場作業の休工日を利用し、実際の施工現場にて建設業に触れてもらい、ものづくりの体験を行ってもらった様子です。

建設業と将来を担う地域の子供達とのコミュニケーションは、我々企業自ら進んで取り組んでいかなければならないと考えています。 このような機会を与えて頂き学校関係者の皆様、地域住民の方々、そして参加して頂いた地元保内小学校 親子の皆さんには大変感謝しております。

今後も長谷川興産は、子供達の成長や将来の夢に役立てるよう積極的に地域住民との交流を図ってまいります。